「交流会CROSS」の日記

リアルで人の繋がりを大切にしつつ、生きる上での「豊かさ」を追求していきます。

自己紹介(代表・鈴木)

今でこそ2016年6月現在で2000名程の登録がある交流会団体の代表をしていますが、

 

パッとしない過去の出来事が非常に沢山多いので、それも含めお伝えさせて頂きます。

 

0〜18歳 高校卒業まで地元宮城の田舎で育つ。

 

18歳〜22歳 仙台の大学に通う為仙台で1人暮らしを4年

 

22歳〜25歳 東京・吉祥寺にて過ごす

25歳〜28歳 世田谷区民として過ごす

28歳〜    渋谷・恵比寿間にて近くに暮らす

 

こちらが居住歴です。

 

仕事歴は、

 

22歳〜25歳 3年半大手不動産仲介営業

 

〜以下自営業〜

 

25歳〜27歳 2年弱完全歩合給(フルコミッション営業)

27歳〜    今で1年と9ヶ月ほどCROSSの代表として活動

 

という感じです。

 

元々とあるコンプレックスが非常に強く、それは、

 

・体の成長が人よりも遅い事

 

を強いコンプレックスとして持っていました。

 

今は身長が182センチ程あるのですが、成長期がきたのが中学3年生の途中からだったので、高校の3年間は身長が伸び続けました。大学に入ってからも少し伸びました。

 

それで困った事なんですが、

 

・声が高い

 

から、高校一年生の音楽の授業では、男女比半々のクラスで、僕1人だけ男性のテノールパートに振り分けられるという1:19人の分け方を経験する。

 

・体の成長が遅く、発毛が遅い。。

 

中学は野球部、高校はラグビー部だったのですが、男の運動部で合宿とかお風呂に集団で入るのが苦手でした。。。

 

という事で高校までに培った自己表現をする不安や恐怖を引きずったまま社会人になっています。

 

「本当の自分はこうじゃないのに、本当の自分を出せないでいる、出すのが怖い。。」

 

という状態をずっと引きずっていました。

 

お陰で24歳にしてようやく女性と付き合える状態までリハビリする事が出来たのですが、時間が掛かりました。

 

それで良かった事は、多くの今の時代に本音を話せないという人や、彼女が出来ない、コミュニケーションが苦手、という状態の人に対して共感する事が出来ます。

 

余程変わった生き方をしている人じゃなければ、ほぼ共感出来ます。

 

ある種そこから変わってきた自覚があるので、色んな感情の変化を経験出来た事は、自分の生きる上での大きなメッセージになっていくのだと思います。

 

今は代表としてメンバーを支えつつ、

 

本当の自分と建前の自分のギャップに悩む人をどうしたら救えるか等、人ら人らしく豊かに生きる為にはどうしたらいいか?という活動の1つで交流会をやったり、関わらせて頂いています。

 

どこまで言っても言葉にハマらない、1番近い言葉が普通の状態で過ごしていければと思っています、素敵なご縁がある事を願っております。