読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「交流会CROSS」の日記

リアルで人の繋がりを大切にしつつ、生きる上での「豊かさ」を追求していきます。

金融コラム Vol.1 with ThousandVentures

金融コラム
《貯金は危ないって本当?》
 
皆さんは、「一番安全なお金の守り方」
ってなんだと思いますか?
 
多くの方は「貯金」「銀行が一番安全」
と応えるのが一般的ですが
 
実は、ただ貯金しているだけでは

《お金の価値が減る》

という減少が起きます。
 
昨年の日経新聞に掲載された
『100年定期が満期を迎えたが…』
というニュースをご存知でしょうか?
 
1915年(大正4年)に出た新潟銀行から発売された『100年定期預金』
が2015年に満期を迎えました。
 
当時、預金した金額は「1円」
この時の「初任給平均が20円」なので
現在に換算すると「1万円」を預金した事になります。
この『100年定期の利率』は何と「6%」
しかも「複利」で金利がついていきます。
 
では、100年後の2015年
預金はいくらになったでしょうか?
 

何と1円が339円に‼

 
仮に今、100万円を預けたら100年後には3億3900万円になっているということです。
しかし…
金利以上に物価上昇の方が高い事がわかりますか?
当時の1円=現在の1万円の【価値】が
結果339円。
 
つまり、銀行は…
 

【元本は保証するが価値は保証しない】

 

貯金=安全

 
というのは、今の時代に当てはまるのかを
改めて考えていきたいですね♪
 
【100年定期】
 
【吉永智徳】
株式会社ThousandVentures代表取締約
株式会社日本IFPエデュカーレ取締役
一般社団法人日本IFP協会理事