「交流会CROSS」の日記

リアルで人の繋がりを大切にしつつ、生きる上での「豊かさ」を追求していきます。

金融コラム Vol.3 with ThousandVentures

《預金も投資?の真実》
 
前回の記事で
 
・銀行は「元本を保証しても価値の保証はしない」
金利以上に物価が上昇している
・マイナス金利により、銀行も儲からなくなっている
 
という事をご理解いただけたかと思います。
 
では…
 

「何故、預金も投資なのか?」

 
それは、預金も
 
「リスクとリターン」で成り立っているからです。
 
銀行は借りたお金(預けてもらったお金)を使って又貸しして「お金儲け」をしているので、
 
ゼロ金利政策がなかった時は銀行同士が
 
・サービス
金利
・安全性
 
を売りにして「是非、うちの銀行に預けて!!」と競争をしていました。
 
当時の人たちは
 
「どこの銀行に投資(貸して)あげようか」
 
となっていたのです。
 
それは、今の時代も本来であれば一緒のはず。
 
銀行/保険/投資信託
 
「どこに投資(貸して)あげようか」
 
と預け先が違っても同じことをしているのです。

 

《自分のお金がどのようにして価値を生むのか?》

 
預金でも投資でもその考え方は共通です。
 
だからこそ、預け先/預け方を何も考えずに「銀行一択」にするのはベストな選択ではないかもしれないですね。