「交流会CROSS」の日記

リアルで人の繋がりを大切にしつつ、生きる上での「豊かさ」を追求していきます。

金融コラム Vol.7 with ThousandVentures

「FPとの付き合い方編」

 

このブログはとあるFP事務所を舞台に、

3人のキャラクターがメインとなって、

お金や経済の知識を易しく解説します。

 

左★吉永所長… FP事務所所長。真面目な実力派FP

中★涼子さん…事務所の常連客。新婚さんで、最近金融知識を勉強し始めた

右★夏美ちゃん…新米FP。24歳。明るく元気でちょっと天然

 

f:id:koryu-cross:20161006211046j:plain

 

涼子「単刀直入に聞きますけど、

   FPってどんなお仕事なんですか?」

吉永「一言で言うと、

   お客様の人生設計の

   お手伝いをする仕事です。

f:id:koryu-cross:20161006211106j:plain

   涼子さんには人生における

   夢や目標がありますか?」

涼子「もちろんです。

   子供もマイホームも欲しいですし、

   老後は主人と一緒に世界一周旅行が

   夢なんです!」

吉永「子供を育てるにも、

   マイホームを買うにも、

   多くの夢や目標を叶えるには

   お金が必要です。

f:id:koryu-cross:20161006211122j:plain

   お客様の夢や目標に対して

   総合的な資金計画を立て、

   経済的な側面から実現に導く

   方法をお教えするのがFPです」

夏美「それから、これからの時代を

   お金に困らずに生きていくためには、

   金融・税制・不動産・住宅ローン・

   生命保険・年金制度などの

   幅広い知識が不可欠です。

   でもそういった難しいことを

   全部理解するのは大変ですよね?

   こういった知識を駆使して、

   お客様をサポートするのも

   FPのお仕事なんです。」

涼子「ということは、結婚したら必ず相談

   しにいったほうがよさそうですね!」

吉永「いえ、独身の時も、いや逆に

   独身だからこそFPは必要です」

夏美「そう。

   独身者はついつい贅沢を

   しがちなのに加え、

   貯金をしなくてはいけない意識が

   希薄なため、

   気づいてみると大して

   貯金がないパターンが多いんです。」

f:id:koryu-cross:20161006211139j:plain

吉永「しかし老後も現役時代と同じように

   ゆとりのある生活を送りたいと

   思うのであれば!

   そして万が一介護が必要になった時も

   困らないようにしたいのであれば!

   ファミリー世帯の倍の金額を

   貯金しておかなければなりません」

涼子「その貯金の効率的な方法をFPさんに

   相談すればいいんですよね?」

吉永「その通りです!

   貯金をするにしても、

   単利や複利といった

   金利のことを知った上で

   積立先を選ぶのと

   何も知らずに

      適当に貯金するのでは

   雲泥の差が生まれます。

   ぜひ効率的でムリが来ない貯蓄方法を

   FPに尋ねてみてください」

f:id:koryu-cross:20161006211153j:plain

涼子「私もそうやって効率的にお金を

   貯めて、夢のマイホームを

   ゲットします!」

夏美「マイホームをローンで購入するには、

   物件価格の2~3割にあたる

   頭金が必要ですもんね」

涼子「いざローンが払えない事態に

   陥っても大丈夫なように頭金以上の

   お金を用意してみせます!」

夏美「涼子さんその意気です」

【金融「学問のススメ」】

吉永「さて、前々回私が言った

   『福沢諭吉に働いてもらう』に

   ちなんで、最後に、福沢翁の名著

   『学問のすすめ』の話を

   したいと思います。」

涼子「すごい急に話が飛んだ!?

   それFP全然関係なくないですか?」

吉永「とにかく最後まで聞いてください。

   ところで涼子さんは福沢諭吉

   名言をご存知ですか?」

涼子「『天は人の上に人をつくらず』

   ってやつですよね?」

f:id:koryu-cross:20161006211211j:plain

吉永「ほとんどの人がその一文だけしか

   覚えていないですが、

   実はこのあとには続きがあるんです。

   諭吉は、

  人間は生まれたときは

  確かに平等かも知れないが、

  社会を見渡すと、

  金持ちもいれば貧乏人もいて、

  賢い人もいれば愚かな人もいて、

  現実には格差がある

   と言っているんです。」

涼子「へ~知らなかった~」

吉永「諭吉は、その格差の原因を

  その人に学問の力があるか

  どうかによって生じた違いである

   と言っているんです。

    つまり、学問をしないことが

   格差を生むのであって、

   格差が生まれないようにするために

   学問をしなければならない

   といっているのです。」

涼子「だから学問のすすめって

   タイトルなんですね。」

吉永「はい。

   そして諭吉はその学ぶべき学問も、

   世間に役に立たないものではなく、

   読み書き算盤を基本として、

   経済学や倫理学など、

  生きていくために必要な学問

  『実学』を学ぶことが

  必要だといっているんです!」

涼子「あれ?こないだ吉永さんに似たようなことを言われたような…」

吉永「よくぞ言ってくれました!

   先日も言いましたが、

 今の時代を何不自由なく

 生きるためには、

 金融という実学を勉強

 しなければなりません。

   諺に『天は富貴を人に与えずして、

   これをその人の働きに与うるもの

   なり』というのがあります。

   生まれついてお金持ちではなくても、

   金融を勉強したりFPの力を借りて

   お金を守り増やしていこうという

   姿勢が人生にお金とゆとりを

   もたらしてくれるんですよ」

涼子「諭吉さん良いこと言う~

   だてに長年1万円札の顔

   やってるわけじゃないんですね~」

f:id:koryu-cross:20161006211224j:plain

夏美「所長がうまいことまとめたところで

   今回はこれにておしまいです!

   これから毎週金融や経済のこと

   一緒に勉強していきましょうね♡」