読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「交流会CROSS」の日記

リアルで人の繋がりを大切にしつつ、生きる上での「豊かさ」を追求していきます。

金融コラム Vol.15 with ThousandVentures

このコラムはとあるFP事務所を舞台に、

3人のキャラクターがメインとなって、

お金や経済の知識を易しく解説します。

 

★吉永所長… FP事務所所長。真面目な実力派FP

★涼子さん…事務所の常連客。新婚さんで、最近金融知識を勉強し始めた

★夏美ちゃん…新米FP。24歳。明るく元気でちょっと天然

 

夏美「突然ですが、今年の4/1は何の日だったでしょう?」

 

涼子「4/1は毎年エイプリルフールじゃないの?」

 

夏美「確かにそれも正解ですが、

今年の4/1は

電力自由化スタートの日だったんです!」

 

涼子「あぁー!

   確かにニュースで言ってた!

   でも、電力の自由化って

   何だったのかよく分かっていないまま…」

 

吉永「簡単に言うと、

   今まで地域独占だった電力会社だけでなく、

   他業種企業も対象に市場をオープンにすることで、

   サービスや料金の競争を促進するというものです。」

 

夏美「これによって市場規模は現在の8兆円から

   将来的には20兆円にまで膨らむともいわれてるんですよ~」

 

涼子「自由化によって、私たちにどんなメリットがあるんですか?」

 

吉永ズバリ電気料金の節約です!

 

   新規参入企業はすでに様々な料金プランを提供しています。」

 

涼子「へ~何社くらい参入してくるんですか?」

 

夏美「電気事業者の数は100以上です。

   あと、

   切り替えれば誰でもお得になるわけではなくて、

   条件によっては高くなるケースもあるので要注意です

 

 

涼子「えっ!どんな人がそのケースになりやすいんですか?」

 

吉永高くなる可能性が高いのは、

   毎月4000円以内に電気料金が収まっている

   いわばもともと安いご家庭です。

   特に30A以下の家庭や1人世帯は要注意です

 

涼子「我が家はオール電化なんですけど、

   お得になりそうですか?」

 

吉永オール電化もかえって高くなる可能性が高いです。

   というのも、オール電化はすでに割安な料金プランになっているからです

   深夜時間帯が安くなるオール電化住宅の割引率は

   約5~10%なんですが、

   これは切り替えで割安になる金額とほぼ同じなんです。」

 

夏美逆を言うと、オール電化住宅以外の人にとっては、

   今回契約業者を切り替えるのはそれくらいお得ってことですね

 

涼子「ちなみに、契約手続きって難しいんですか?」

 

吉永「簡単です。

   切り替えにはスマートメーターへの交換が必要となりますが、

   特殊な場合を除いて工費は無料ですし、

   必要な書類も基本的には検針票だけでいいんです。」

 

夏美「ここで電力会社切り替えのための手順をご紹介しますね。

 

普段使っている使用料をチェックする

電気料金の比較サイトで割引額を試算する

簡易的に調べるなら新電力比較サイト

詳しく調べるなら電力比較サイト エネチェンジ

希望の業者に申し込む

申し込みは電話1本で済みます。

現在契約中の電力会社へ連絡する必要もありません。

 

 

涼子「めちゃくちゃ簡単3ステップですね!

   電力比較サイトなんてあるんだ~便利ですね。」

 

夏美「『新電力比較サイト』は

   各業者の割引率と金額をエリア別に調べられるので、

   ざっと節約額を把握するのにお勧めです。

   『エネチェンジ』の方は、

   普段の電気使用量や在宅状況などの細かい条件も入力するので

   よりリアルな節約額を知りたいときにいいですよ」

 

涼子「オール電化ですが、一応調べてみます!

   ちなみに、我が家はマンションなんですけど、

   マンションでも電力会社って変えられるんですか?」

 

吉永「基本的には大丈夫です。

   高圧一括受電ではなく、電気使用量のお知らせ(請求書)が

   電力会社から届いているようなら問題ありません。」

 

涼子「あと、気になるのが、違約金とかなんですけど」

 

吉永「契約期間満了前に解約すると違約金が発生する業者もいます。

   引っ越しで解約せざるを得ない場合は、

   引っ越し先がエリア外なら違約金は発生しません。

   しかし契約中の会社が同エリアで展開していた場合は、

   違約金が発生します」

 

涼子「なるほど~

   ちなみに、どこがオススメとかありますか?」

 

吉永「エリア別に最得会社は違いますよ。

   今回は1人世帯・2人世帯・3人世帯・4人世帯と

   世帯人数ごとに算出しました。

   ドドンと発表しましょう!」

 

北海道エリア   HTBエナジー

東北エリア    HTBエナジー

                          34人世帯ならauでんき)

関東エリア    東京ガス1人世帯ならHTBエナジー)

中部エリア    HTBエナジー

関西エリア    ソフトバンクでんき

                          1人世帯ならHTBエナジー)

中四国エリア   HTBエナジー

九州エリア    ナンワエナジー

                          12人世帯ならHTBエナジー)

 

涼子「HTBエナジー圧倒的ですね!」

 

夏美「こちらの会社は旅行会社HISの系列です。

   既存電力会社の従電電灯Bプランの一律5%引きという

   分かりやすい料金体系が魅力ですね。」

 

涼子「関東は東京ガスが強いんですね」

 

吉永「東京ガス契約者なら年間1万円を超える割引も可能です。

   それでも1人世帯にはHTBエナジーが最得ですけどね」

 

涼子「我が家は主人との2人世帯ですけど、

   年間で1万円近い金額が節約できるかと思うと嬉しいですね!

   早速電力会社の見直し始めてみます♪」