「交流会CROSS」の日記

リアルで人の繋がりを大切にしつつ、生きる上での「豊かさ」を追求していきます。

カフェ会・異業種交流会(不特定多数の人が集まる形)で上手く繋がりを作る人の特徴

カフェ会・交流会等、参加される方は何らか目的を持って参加されると思いますが(非常に仲が良い方で時間が空いたからという理由で来て下さる方もいますが)、

 

その中で

「この人は繋がり作るのうまいな〜」

 

という人の特徴であったり、

 

後で実際に仕事やプライベートで繋がったという報告を頂いた方に共通する事をお伝えさせていただきます!

 

私鈴木の特徴としては、
カフェ会・交流合わせてて1,500回以上は主催しているので、自分で言うのも何ですが日本で3本の指には間違いなく主催回数では入ると思っています。詳細のデータがどこにも無いので比較しようもないですが、恐らくこのニッチな中ではトップクラスだと思います。

 

カフェ会・交流会参加を1つのフローで見たときに、

 

①参加前

②参加中(会の最初、自己紹介)

③参加中(会の途中)

④会の後

 

に大きく分かれますが、会の後の状態の時には皆さんの印象は固まっているので、ここから急いで関係構築しようと思っても、人柄や期待値は決まってしまっているので、その前で印象付ける方が無難でしょう。

 

①参加前に大事な事

・余裕を持つ状態を作る事が大切です。売れている営業マンは余裕がある事、モテている人間も余裕がある事、余裕があるように見えるとこちらも安心して関われる人だなという印象を持つ事ができます。

 

②参加中(会の最初、自己紹介)で大切な事

・服装や身だしなみを含めて大きなマイナスがあると今後の時間で大きな不利です。最低限清潔感のある髪、服は意識しましょう。

自己紹介は非常に大切です、他の参加者の方も興味を持って聞いてくれるチャンスの時間です。名前、出身、仕事、趣味、等を簡潔に話しましょう、嘘は厳禁です(どこかのタイミングで信頼関係が崩れる可能性が高くお互い得をしない)。内容で工夫できる事は、CROSSの中に来てくれる人ですと家族関係が「一夫多妻」という事であったり、趣味の中で「ヒッチハイク」というように、他の人と被らない事を用意して言えると覚えてもらえるのと同時に、相手から質問しやすい状況を作れて会話の入り口を作るのに有効になります。

 

③参加中(会の途中)

・CROSSの場合はテーマトークになりますが、考えを聞くようなテーマも多いので、話す事を意識する以上に伝える事に意識を向けます。聞きやすい話順もあるのですがそれ以上にメラビアンの法則にもある通り「どんな内容の話をしているか」以上に「どんな話し方をしているか」という方が余程大事です。

 

楽しい内容の話の時は【楽しい】感情を乗せながら話す事、人は話の内容では無くそれに付随する感情で物事を記憶していきますので、どれだけ話の聞き手の感情を揺さぶる事が出来たかで印象に残った度合いが変わります。心が普段から固い人はその点は不利になります、日常の中で感動する体験・クセをつけて心を柔らかく保ちましょう。

※くれぐれも皆さんの時間なので話が長くなり過ぎないようには注意しましょう。

 

④会の後

・①〜③の印象を元に既にまた会いたい、会いたくないのジャッジは済んでいますので、全員にお礼のLINEをするのも良いですが、素直にお礼の連絡と1つでも印象に残った事を伝える事、また会いたい旨等の要件をお伝えすれば、あとは相手の判断という流れになります。会う理由が無い人もいるので100%は難しいですが、①〜③の事を意識すれば確率を上げる事はできるでしょう。

 

 

以上になります、素直に誠実に真っ直ぐに、という事を継続出来ればカフェ会や交流会もチャンスにする事は出来るのではないでしょうか。

 

行って勝負、というよりもやはりこちらも事前準備でどれだけ話す内容であったり余裕を持てる状態を事前に作る、という事も大切だと思います。

 

いろんな場で応用が効くもののはずですのでご活用下さい^^

 

交流会CROSS

鈴木